スタッフブログ

「荒井 正晴」の記事
145件見つかりました

ノーベル賞

更新日:2021年10月10日

投稿者:荒井 正晴

10月になるとノーベル賞が話題になります。

今年は今のところ日本生まれでは真鍋淑郎さんが受賞されています。

真鍋さんは既にこの分野では多数の国際賞を受賞している方で、このノーベル賞を取るべき人が取ったと言ってもよいのかもしれません。

その中で興味深い本人のコメントでありました。

アメリカは研究者にとってとにかく研究三昧できる、まるで天国でしたと。

研究費を心配することなく没頭できる体制があるようで、そしてそこには世界中からいろいろな人が集まり、

刺激し合いディスカッションして次の進歩が生まれる。研究で一番大切なのは多様性だとも、話されていました。

アメリカへ渡っても、誰でもそのような環境でできるわけでもないでしょうが、少なくとも今の日本の環境では、

研究者にとって十分なものではないかもしれません。これからも日本の頭脳流出は止められないと思います。

日本の経済力が低下している現状ではある意味この流出は必然かもしれません。

それにしても90歳というのに、あの若さにはびっくりしました。少なくとも10歳以上は若々しく見えます。

たゆまない好奇心のおかげでしょうか。

荒井

人流とワクチン

更新日:2021年08月20日

投稿者:荒井 正晴

新型コロナの出現で世の中一変しました。

それはみんなの周知のとおり。過去の生活習慣はガラッと変わり、生活しづらくなったのは明らかです。

私自身も感染防止に対して日々気にして、注意をしています。

思えば昨年4月に緊急事態宣言なる言葉でみんなびっくりしました。

都心はひと気がない状態になりました。

それが今はあの時と同じ緊急事態宣言中でも、なおかつ感染者及び重篤者は比べ物にならないくらい

増加しているにもかかわらず、街には人が出ている状況です。

緊急事態宣言はまったく意味をなしておらず、人々は言葉になれてしまったのでしょうか。

またワクチンですが、テレビではワクチンを受けてくださいと言っているにもかかわらず、現実はワクチンを受けたいのに受けられない人が大勢いる状況。

ワクチン不足です。

人流の問題とワクチンの問題は今も解決はしていません。

これから起こるであろう第二第三のコロナウィルスの出現の時までに、国民の不安を取り除くためにも何かしら対策や方法、法律を

もっと効率的に運用できるよう考えてほしいと思います。

荒井

全米女子オープンゴルフ

更新日:2021年06月11日

投稿者:荒井 正晴

こんにちは 今回はゴルフの話。

この2-3年 めっきりとゴルフをする回数が減りました。

昨年は10回ラウンドしたかどうか。今年はというと、まだ3回かも。

ゴルフ熱も冷めてきたのは事実ですが、時間も取れなく運動と思ってやっていたのに、今は運動不

足も否めません。

そんな中、先週の全米女子オープンゴルフがあり、なんと日本人選手2人が最終日にトップで並

び、日本人同士の決定戦となりました。

日本人同士の決定戦なんてと、私がゴルフを始めた10年以上前は想像すらできませんでした。

結果は笹生優花選手が優勝。19歳という年齢も過去最年少とか。すごいことです。

準優勝の畑岡奈紗選手もまだ22歳。2人ともまだまだ若くこれからです。

おととしに全英オープンを制した渋野日向子選手ですが、優勝の後は常にニュースにされ、

その成績が毎回注目されています。

この笹生選手 畑岡選手も同じように日本を含め、世界から注目され始めるでしょう

どのような成績を残し、これから私たちを楽しませてくれるのか、非常に楽しみです。

ゴルフを知らない人でも知っているタイガーウッズ選手のような、そんな人気のある選手になって

ほしいと期待しています。

「山の日」

更新日:2020年08月11日

投稿者:荒井 正晴

暑い日が続きます。いかがお過ごしですか (本来は熱い夏になっていたはずなのに)

8月11日の朝、車に乗ったところ、「今日は山の日です」とカーナビがアナウンスするんです。

私の使っているカーナビは「今日は何の日です。」と毎日アナウンスするんです。が あれ? 山の日は昨日の10日が「山の日」で祝日だったはず。

とあまり気に留めていなかったのですが、実は本来は8月11日が山の日でした。

今年はオリンピックがあることを想定して、特別措置法により8月10日に変更されたそうです。

では海の日はどうなっているかというと、7月第3月曜日に決まっていて、つまり日にちとしては決めていないで、3連休になるように移動できる祝日のようです。

海の日が移動する祝日で、山の日が8月11日と決まった祝日。その違いにはいろいろ意味や訳がありそうですが、わかりにくいです。

さて、来年はというと、また特別措置法により海の日も山の日も移動して連休となるように変更されるようです。もちろんオリンピック開催のため。

開会式や閉会式に合わせているのですが、はたして来年オリンピックは開催されるのでしょうか。

本来であれば今頃東京オリンピックの余韻が残って、テレビ新聞などで熱く話題になって、熱い夏になっていたはずなのに。

荒井

アフターコロナは・・・まだ先

更新日:2020年05月17日

投稿者:荒井 正晴

こんなに大変になるなんて と思います。

まだまだこの状況は続きそうです。アフターコロナはまだ先のよう。

世の中様変わりで、「ビフォーコロナ」には もう戻れない 戻らない という記事もありました。

この、いいのか悪いのかわからない 戻れない。戻らない。

テレワークが進んで、それでも支障なく仕事が片付くのであれば、

あの窮屈な電車に乗る必要もなく、電車通勤には もう戻れない。

もう一つはあの混みこみの居酒屋やレストラン、コンサートなど娯楽がたくさんあった生活ス

タイルや世の中には、もう戻らないかもしれない。

そしてこれからは「ウィズ コロナ」 コロナと共に生きる。これが新しいスタイルとか。

世の中どう変わるのだろうなんて考えていても今は誰もわからない。

今できることは、マスクと手洗い。三密を避け、感染しない させない しかないのかも。

荒井

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > |

このページの上部へ