スタッフブログ

新しい時代を迎えて

更新日:2019年05月17日

投稿者:武次 洋一

皆さんこんにちは。

新元号「令和」がスタートして2週間ほど経ちましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は2月でとうとう40歳になりましたが、

まだまだ草野球やソフトボールを続けていきたいので、

老化に抗うことをテーマに生きていきたいと思います。

さて、令和になっても子供が被害者になる交通事故が相次ぎ、大変心を痛めております。

先月の池袋や、今月の大津の事故は大きく報道され、皆さんの記憶にも新しいものと思います。

最近の事故のニュースを見ていると、ドライバーについて緊張感の欠如が蔓延していると考えざるを得ません。

私もよく運転していますが、直進中に一時停止の側道からぶつけられた経験があるので、

隙間があったら常に何かが飛び出してくると思って運転しています。

大津の事故では一番の原因は右折車の不注意であることは当然ですが、

直進車の方も無謀な右折車がいると想定していれば、あのような事故は防げたと思います。

また、個人的には法改正(厳罰化)も必要ではないかと考えています。

「令和」は子供が安心して暮らしていけるような時代でなければならない、

そのために我々大人の責任が問われているのだろうと思います。

武次

庭へ芝刈りに。

更新日:2019年04月26日

投稿者:阿部 理

昨年末から庭をほったらかしにしていたので

久方ぶりのお手入れに庭に出てみたら、

ワイルドでアドベンチャーな空間がそこに。

このままでは無事に令和を迎えられないということで

土曜の朝から2時間ほど頑張っちゃいました。

市指定のごみ袋(20リットル)に20袋分ゲット!

おかげで全身バキバキです。

そして今年も家庭菜園、頑張ることになっちゃいました。

阿部

お庭がジャングル。
お庭がジャングル。

ノートルダム大聖堂の火災

更新日:2019年04月19日

投稿者:金子 俊彦

4月16日に私用で有休を頂いていたのですが、

家に帰ってテレビを付けたらパリのノートルダム大聖堂が燃えている

ニュースが出ていたのでビックリしました。

火災の結果、大聖堂の尖塔が崩壊したとのことです。

改修工事中だった為、幸い怪我人はいなかったようです。

フランスのマクロン大統領は、5年以内で再建することを目標に協力を募った所、

世界中から寄付金が総額で1000億円以上集まったそうです。

その再建計画の中で崩れ落ちた尖塔を新たなデザインでコンペを開くという事ですが、

個人的には元に近い形で再建して欲しいなと思いました。

金子

新紙幣

更新日:2019年04月09日

投稿者:滝澤 一志

新元号の発表もされたばかりというのに、今度は新紙幣の発表が行われました。

2024年度上半期から発行が予定されているようです。

1万円札は渋沢栄一、5千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎ということです。

今までの人に比べ知名度が低いのか、名前は聞いたことあっても何をした人かは分からないという人が多いようです。

渋沢さんは第一国立銀行(現みずほ銀行)などの設立に関わり、日本の資本主義の父と呼ばれる方。

津田さんは現津田塾大学を創立し、女性の教育と地位向上に努めた方。

北里さんんはペスト菌の発見や破傷風の治療法の確立などに貢献した日本の細菌学の父と呼ばれる方。

ネット上ではその人選よりもフォントに対して不満の声が上がっています。

20190409154344.jpg

確かに数字のフォントがオモチャっぽい気がしますね。

そして500円玉も2021年度に刷新されるとのこと。

デザインに大きな変更はないものの、バイカラークラッドと呼ばれる2色3層構造になり

偽造されにくくなるようです。

悲しいかな2千円札については、刷新されることなくそのままに。

政府が望むような流通量にならず、すごい枚数があまっているのだとか。

私自身2千円札自体、1回ぐらいしかお目にかかっていません。

これを機に2千円札にも活躍の場が与えられるといいですね。

滝澤

桜が満開

更新日:2019年04月05日

投稿者:荒井 正晴

4月から新しい年度や時代に入ったという感じが例年になく実感します。

入社式、入学式そしてさらに新元号が話題に上がっているからでしょう。

同時に並行して桜満開のたよりがニュースになっていますが、

今年もまだ「花見」に行ってはいません。

今日の雨でちょっと心配です。桜はいつまで咲いているのでしょうか。

今朝もテレビでは有名な桜の壮大さを映像で流していますが、やはり物足りません。

わずかな香りも空気感も静寂もなんにも感じられないからです。

ただ、ある桜は樹齢2000年とか。

2000回も春に花を咲かせていたと聞くと、今日までの時間を

想像するだけでその桜の木の生命力の強さやすごさを知ります。

今年が西暦2019年ですからどれだけの時代をその桜は見てきたことでしょう。

桜も含め、季節によって目を楽しませてくれる日本の四季は、本当に日本の財産です。

今年こそ時間を忘れて、ゆっくりと静かに桜を眺めてみる贅沢をしたいものです。

近くの公園の桜を掲載します。

荒井

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > |

このページの上部へ